大学中退のフリーターでも正社員として就職する方法

大学中退してからアルバイトで仕事をしているという方もいらっしゃるでしょう。しかしアルバイトの場合、どうしてもなかなか給料が上がらないと言う悩みや、長く仕事を続けることのできない不安などに頭を悩ませているケースも少なくないです。将来のことを考えれば、いずれは正社員として就職したいと思うのも当然と言えるでしょう。それでは一体、どのようにして正社員に就職すれば良いのでしょうか?フリーターから正社員に昇格するための方法について以下で詳しく見ていきます。

  1. 大学中退フリーターが正社員就職する為のルート
  2. 大学中退後、アルバイトをする業種
  3. 就活には就職支援サイトかハローワークの利用が必須
  4. フリーターに特化した就職支援サイトがおすすめ

大学中退フリーターが正社員就職する為のルート

大学中退者で今はフリーターをしている人が正社員として就職するためには、いくつかのルートがあります。その中でも大まかには以下の3つのルートがあります。

・正社員登用の可能性のあるアルバイトを探す
・ハローワークで職場の紹介を受ける
・就職支援サイトの活用

アルバイトの求人情報を見ると、勤務ぶりによっては将来的には正社員登用の可能性のある案件もしばしば見られます。このような求人にターゲットを絞って応募するのも一つの方法でしょう。残り2つの方法は、いわゆる一般的な就職活動になります。以下で詳しく見ますが、ハローワークは日本全国に施設があり、地域密着の案件の紹介が受けられます。就職支援サイトはキャリアコンサルタントが専任でついて、皆さんの就活をサポートしてくれます。

また、どのようなルートから正社員を目指すとしても、まずは現在のアルバイトに対してもまじめに取り組んでいくことが大切でしょう。アルバイトでもまじめに仕事をして実績を積み重ねていけば、バイトリーダーのような重要なポジションで仕事ができるかもしれません。店舗勤務の場合、バイトに店長を任せているようなところも見られます。このように重要な役どころで仕事をしていれば、就活するときのPR材料となるでしょう。自分が有能であることを証明できる実績があれば、より採用の可能性もアップします。バイトだからといって、いい加減に仕事をしないことが正社員就職のための第一歩と言えます。

大学中退後、アルバイトをする業種

大学中退後、とりあえずアルバイトをする場合、まずはどの業種で仕事をするか考える必要があります。将来就職することを視野に入れているのなら、その希望する業界に関連するバイトを探した方がいいでしょう。まったくの業界未経験者と比較すれば、バイトでもその業種で実務経験があれば、即戦力になると採用される可能性も多少アップするからです。もしすでに具体的に希望する業種が決まっているのなら、そこからバイト先を探すと良いです。希望する業種が決まっていないという場合であるなら、以下の候補の中から絞り込んでみるといいかもしれません。

・飲食関係
飲食業は慢性的な人手不足の状態が続いています。近くのお店でずっと「バイト募集」の張り紙を出しているところを見たことがあるという方もいるでしょう。また、人材を確保するために、高時給の求人もしばしば見られます。最初はバイトで仕事について、働きぶりが評価されて、そこから正社員に昇格する人も多いです。大手チェーン店の場合、夜遅くや24時間営業しているところもあり、シフト制で仕事をするところも見られます。深夜のシフトを回されることもあり体力的に厳しい側面もありますが、人と接することが好きな方にはおすすめな職種です。

・アパレル関係
洋服や小物などのファッションに興味があれば、アパレル関係のアルバイトを始めてみるのはいかがですか?アパレルの販売職のバイトも、日本各地で結構多く募集の出ている傾向が続いています。アパレルといっても洋服や靴、帽子、アクセサリーといったようにその中でもいくつかジャンルがあります。まずは自分の興味のあるジャンルで求人を探しましょう。趣味を実益にでき、楽しく仕事が続けられるでしょう。正社員登用制度を設けているアパレルショップも少なからず見られます。

・コールセンターの仕事
正社員を目指しやすい職種としてしばしば紹介されているのが、コールセンターの仕事です。ユーザーサポートの電話を受け付けたり、ユーザーに新サービスの勧誘をしたりするのが主な業務です。コミュニケーションスキルに自信を持っている人にはおすすめです。大量採用しているところもありますし、未経験者でも歓迎する求人もしばしば出ています。

就活には就職支援サイトかハローワークの利用が必須

アルバイトからの正社員登用以外では、就職活動を行って採用試験に合格する方法があります。しかしこの方法の場合、大学中退者は新卒と比較するとどうしても不利になりがちです。なぜなら、大学を途中でやめてしまったことは「こらえ性がない」「すぐにあきらめてしまうのではないか」という懸念を人事担当者に抱かせかねません。

また、それに伴って人事担当者から「なぜ中途退学をしてしまったのか?」という部分や、「中途退学してからの期間はどのようにして過ごしていたのか?」について質問をされることもあるでしょう。その際、ネガティブな印象が残る回答をしてしまえば、実際の採用には結びつきにくくなってしまいます。そのため、面接や実際の就職活動を行うにあたっては、就職・転職の専門家によるサポートを得ることが非常に有効と言えるでしょう。サポートが受けられる方法の一つとして、ハローワークや就職支援サイトの利用が挙げられます。

たとえば、ハローワークでは大学中退者でも就職できるいろいろなサービスを用意しています。まずは求人情報の紹介があります。たとえば、ハローワークであれば、端末を使って求人情報の収集もできます。もし、どれに応募すればいいかわからないという悩みがあった場合でも、担当者に相談すれば、皆さんにマッチすると思われる案件を一緒になって探してくれるでしょう。さらに、履歴書の書き方や面接対策などのアドバイスといった就職活動の全般的な相談やレクチャーなども行っています。「なぜ退学したのですか?」という質問に対しての回答についても、有効な知識やノウハウを提案してくれるはずです。

これらに加えて就職支援サイトの場合は、履歴書の書き方、面接対策などについて、よりスポットを当てたアドバイスを受けることが可能です。就職支援サイトはハローワークと異なり、各分野の専門家であるキャリアコンサルタントが在籍している場合が多く、より効率的に就職活動のための対策や相談を行う事が出来るでしょう。

フリーターに特化した就職支援サイトがおすすめ

就職支援サイトに登録すると、キャリアコンサルタントが専任で就職活動のサポートを行ってくれます。それに加えて、これまでのアルバイトの職歴や希望する職場などヒアリングして、マッチすると思われる求人を紹介してくれるというのも、魅力的な部分と言えるでしょう。もし相手の紹介した求人が自分の希望に合っていなければ、断ることも可能です。その時は、また別の案件を紹介してくれます。

応募したい案件が見つかった時には、キャリアコンサルタントが先方と交渉して面接の日取りなどを決めてくれます。そのほかにも内定が決まった場合、給料などの待遇面の交渉も代理人のようにキャリアコンサルタントが行ってくれます。これも就職支援サイトのもつ、ほかにない大きなメリットの一つです。給料などのような直接言いにくい希望もキャリアコンサルタントを挟む形なので、あまり気兼ねなく伝えられます。

また、キャリアコンサルタントの中には募集を出している職場に実際に足を運んで、人事担当者と話をしているケースも珍しくありません。そのため面接対策についても個別の企業に合わせてアドバイスをもらう事が可能になると言えます。また履歴書の作成についても、実際に作成したものを見て、どこをどう改善すればいいか、添削をしてくれるサイトも見受けられます。

就職支援サイトの中にはほかの就職支援サイトにはないサービスを提供して、差別化を試みているところも見られます。たとえば、フリーターやニートをターゲットに絞って求人情報を紹介している就職支援サイトです。フリーターやニートは実務経験が豊富ではない場合が多く、即戦力にはなりにくいと見られがちです。特に中途採用の募集をかける際には、多くの企業が避ける傾向も見られ、就活に悩みを抱える方も多くいるのですが、このようなニーズに特化して求人情報を提供しているところもあるのです。

少子高齢化によって、就労人口が今後どんどん減少するとされている近年では、本来就職に不利だったフリーターやニートでも欲しいと思っている企業も出てき始めています。少子高齢化による影響は大きく、中小企業を中心として人材が必要だけれどもなかなか集まらない状況になりつつあります。そこでキャリアのないフリーターやニートも対象にして、人材確保したいと考える企業も増えてきているのです。つまり大学中退者でしばらくフリーターをしていた人でも、正社員として就職できるチャンスは十分あるわけです。

このようなフリーターやニートに特化した就職支援サイトに所属するキャリアコンサルタントは、フリーターやニートの就活のサポートをしてきた実績をたくさん有しています。フリーターが就活をするにあたってマイナスになるポイント・弱点も熟知しています。そのうえでどう履歴書を書けばいいか、面接を受ければいいかのアドバイスが受けられます。大学中退者で就職に不安を持っている人も多いでしょうが、心強く感じられるはずです。

しかもハローワークと同様、就職支援サイトもサービス利用するにあたって原則無料です。採用が決まったときに募集を出している企業から報酬を受け取れるため、個人から料金を徴収する必要がないためです。大学中退者でフリーターをしている、でも早く就職したければ、このような就職支援サイトを活用すべきです。